Top / ホテル

!vG製品のホテルへの導入例

カヌチャリゾート - 沖縄県名護市

ho-1.jpg

沖縄県を代表するリゾートホテル&ゴルフ場全体でニュージーセブンを導入!料理をはじめとする様々なサービスに効果を感じた!!

RBC琉球放送にてνG活性器を紹介された!

ho-4.JPG

  • 出し汁が取れやすく、少量の調味料で良い味が出る。
  • 量子水を飲んだ時のカラダへの浸透の仕方が違う。
  • お米がふっくら炊き上がり、お客様からも好評。
  • この水にはパワーがある。

RBC琉球放送にてνG活性器を紹介していただきました。株式会社カヌチャの総支配人兼総料理長の中村氏が量子水を絶賛!

1. この水で作った氷は外側から溶けていく!
こんな氷の溶け方は見たことがない! スゴイ水だ。
2. 飲むと体にグイグイ入っていくのがわかる!
3. 調味料が要らんのじゃないか!と思うほどにキレイに出汁が出る。
4. 大浴場の排水溝からの悪臭がなくなった。
5. 朝食会場では「ごはんが美味しい」とお客様がら絶賛!
6. これまで、水にこだわり、数千万円費やしてきた(数字は極秘で)からわかる!この水は本物だ。この水にはパワーがある。
7. 有名な俳優Mさんが宿泊した際、「何?この水 美味しい!」と言っていた。

ho-6.jpg

沖縄からの報告 カヌチャリゾート

珊瑚礁で囲まれた沖縄は、石灰石成分を含有する硬水のため「水が悪い」と言われている。事実、注意深く見ていると、水には独特の思い入れと工夫がある。

沖縄には本土では考えられないような水専用の自動販売機が、至る所に置かれている。聞けば、沖縄は様々な水の自販機戦争が熾烈な土地柄なのである。しかも、かつて渇水に悩まされた影響もあり、ビルやマンションばかりではなく、民家の上にもステンレスの水タンクが設置されている。
水に悩まされてきた沖縄で「ウエルネス」のνG7(量子水)が、どのような形で受け入れられてきたのかを知るために、現地のユニークな著名人、成功者の話を聞いてきた。

立場は異なるが、いずれも水にこだわり、本物の水を求めて試行錯誤を続けてきた人物たちである。そんな彼らが最後にνG7に出会って「これだ!」と確信して、自ら「量子水ファン」を公言する。

もちろん、科学的な因果関係など人に説明はできない。しかし、ちがいはわかる。体験を人に語ることもできる。あとは相手が納得するかどうかだが、それには素直に受け入れるための心構え、環境が整わないことには入っていかない。

ここに登場人たちに共通するのは、自分に絶対の自信を持っている、その道のプロ。ある意味、頑固で人一倍の勉強家そして努力家である。

2018年2月22日 カヌチャリゾート 常務取締役総支配人兼総料理長

1.料理と水
沖縄で石油事業などのエネルギー事業を展開する白石グループが手つかずの土地をほとんど一から開発し、完成させたカヌチャリゾートは「カヌチャベイホテル&ヴィラ」「カヌチャゴルフコース」などを有する沖縄を代表する一大リゾートとして、2017年に開業20周年を迎えた。

大量に水を使うため地下水ではなく、河川水を引いてRO膜処理などを施して料理に使える水にしてきた。電解水を使ってきた他、波動水を入れたこともある。すでに、ある程度の効果は出ていたこともあり、会社としてはνG7(量子水)の導入の必要性を認めなかったという。何しろ、水には当初2億5000万円を投じた他、フィルターの交換などに年間500~600万円をかけてきた。それ以上の出資は、経営的に難しい。とはいえ、料理に使う水となると話は別だ。特に、沖縄の水は日本料理には合わないこともある。より良い水を求めるのは、プロの料理人の業のようなものである。

実は「ウエルネス」のνG7の情報は、もう一人の常務が「こんな装置がある」といって持ってきた。高ければ入れる余地はないが、そんなに高くはないことと、何よりフィルター交換などの維持費が基本的にかからない。

νG7の水を初めて飲んだ総料理長は「何だ、この水は?」と、プロの料理人として舌と体が反応した。すごいエネルギーを感じて、俄然「面白い」と思ったのである。そこで、正式に導入する前に「試しに従業員食堂の水道に基づけしたところ、従業員から意外な反応が返ってきた。

「御飯が白く炊けたというんです。お米も同じもので、正直そんなに上等なものではないのに『おいしい』と従業員が反応しだした。そこで宅配用に500人分つくっていた機動隊の弁当の御飯をその水で炊いてみたんです。通常は時間が経つとジャーに入れておいた御飯というのは、多少劣化して臭いもしてくる。それが白く炊けて、臭いもしない」結局「この水の効果だろう」と、2人で話して導入を決めたのが2年ほど前である。

2.νG7の導入後の変化
プロの料理人として、これまでもパイウォーターをはじめ、様々な水を使い、実際に試してきた。その彼が最後にたどり着いたのがνG7である。

「ウチの厨房もいまは臭くないし状態もいい。しかも、水を飲んだお客さんが、みんなおいしいと言ってくれます」と、総料理長はνG7の効果を語る。彼が他の水とのちがいがわかりやすいというのは、製氷機でつくる氷だ。でき具合が水によって異なるのだが、νG7でつくった氷は明らかに透明でキラキラしている。融け方も普通の氷より融けにくい。理屈はわからなくても、実際に比較してちがいは見える。

「不思議なんですが、この水は何杯でも飲める」と語るように、彼自身、1日2リットル以上飲んでいる。一般的に料理人は、糖尿病など健康を害することも多いが、56歳の総料理長は若々しく元気である。肌のツヤもいいし、黒い髪も染めているわけではない。
そんな彼が、最初に気がついたことの一つは、20年以上も使っているゴルフ場のお風呂である。風呂好きな彼は、そのお風呂に毎日入っていた。配管も古くなっていることもあり、いわば血管にコレステロールが溜まるように、油脂などの汚れが管を塞いでいたということだろう。風呂場特有の臭いがあった。波動水を入れたときにも、浄化槽に白い垢のようなものが出てきたというが、配管の汚れが水の力で溶けだしたわけである。

同じような現状がνG7を使いだすと現れてきた。お風呂場特有の臭いがほとんど消えて、厨房の環境も良くなってきたというのが、最初の変化であった。力のある水を使っていて気がつくことはいろいろな形で実感できるというが、厨房を預かるプロの総料理長として、一番の問題は最後にどうなるかである。
使った水は最終的に浄化槽に運ばれていく。そこに業務用厨房などに設置が義務づけられている油脂分離阻集器グリストラップがある。排水中の生ごみ・油脂などを直接下水道に流さないため、一時的に溜めておく設備で、使い続けているうちに油脂や汚れが溜まってくる。表からは見えないとはいえ、気がつかないうちに悪臭の元になっている。第一、衛生的に問題がある。νG7の導入前は「1週間ほどしたら臭いがした」というが、いまはほとんど臭いがしなくなっている。

3.量子水を使った料理講習
もともと福岡県北九州市出身という総料理長は、2017年11月、地域に対する長年の貢献活動が認められて、厚生労働大臣賞を受賞している地元の名士でもある。母子家庭で育ったこともあり、子供のころから自分で工夫した料理をつくって仲間に振る舞っていた。

そんな彼が料理人になって、プロとして大きく変わるきっかけになったのが、24歳から7年間、京都でお茶を習ったことだ。茶会席を任されるには料理の腕の他に、書画骨董や華道などにも通じている必要がある。料理以外の世界にも通じているからこそ、総料理長の料理を楽しみに、カヌチャリゾートに多くの著名人がやってくる。その彼らが量子水を飲んで「何だ、これは!」とか「おいしいね」と言って、理由を聞かれるたびに「実はνG7を使っている」という説明をしている。
理屈はわからなくても、みんな「だからおいしいんだ」と納得するという。もちろん、何も変わらないという人もいる。料理同様、口に合う合わないは、その人次第という一面がある。

沖縄には地元の新聞「沖縄タイムズ」が主宰する「プロの技を目で味で堪能する」と銘打たれた「タイムプレミアムキッチン」という料理講習会&ランチがある。一流ホテルや著名な料理研究家など、食のプロを講師に、身近な食の話題をテーマにした料理講習会である。
当然ながらカヌチャリゾート・ホテルの総料理長も、定期的に登場する。これまでも毎回テーマを決めて、例えば北大路魯山人の器を使ったり、沖縄の食材を使った料理、アグー(豚)やワニ肉を使った日本料理をテーマにしたこともある。そんな一つとして2017年秋には「量子水使った料理」をテーマにしたわけである。

自分のホテルで使っているとはいえ、たくさんある水の中から特定の企業の水をテーマに掲げることは、極めて稀というか、通常ではあり得ない。要は「自分で飲んで、体で試して、料理に使って、やっぱりいいものだとわかる。別に褒めるつもりはないけど、折角のいいものだから、みんなにも使ってもらったら」という思いから、量子水を使った料理をテーマにしたというわけである。

「ウエルネス」および代理店にとっては、何ともありがたい話だが、そこには両者の信頼関係があってのことである。

ホテル「ホップイン」アミング 様 - 兵庫県尼崎市

ho-7.JPG

JR尼崎駅と直結しているホテル「ホップイン」アミングにνG7のG61を設置。

これでホテルで使うすべての水が、さらに肌にやさしくなり、厨房・トイレは衛生面が強化されました。

ホテルには絶対あってはならない「嫌な臭い対策」もニュージーセブンで対処でき、ご利用のお客様へ「水素を多く含んだ水」を提供できます。

2013.06追調査

ho-8.JPG

ロワジールホテル那覇 様 - 那覇市

ho-9.JPG

  • グリストラップの水質が極端に改善。
  • 氷の透明感が増した。
  • 毎日プール掃除しているがさらに透明感が増した。
  • 取付後1週間で トイレの臭いが消える! 
  • 透明の氷ができた!
  • コーヒーの味が良くなった。
  • 従業員さんも水を持って帰る。
  • 厨房の床の黒ずみがなくなり、VG7水の洗い流してきれい、掃除も楽になった。

現在、全館設置

ゆはら温泉ふれあいの湯様 - 鳥取県八頭郡若桜町

ニュージーセブン設置前にはレジオネラ菌が発生!
しかし設置後レジオネラ菌の発生を防止!

温泉水質基準のレジオネラ菌の数値が170cfu→0に!

  • レジオネラ菌の発生を防止
  • 塩素の臭いが減少
  • 浴槽まわりのヌメリが軽減
  • お湯が柔らかく感じる

ho-12.JPG

ho-11.JPG

平成26年2月に温泉の水質検査の結果、レジオネラ菌が最高で170 cfu/100mL検出され、改善が求められた。その後、平成26年7月にニュージーセブン50A・2連を設置。

温泉をフィルターを通してニュージーセブンに流しみ運用を開始。

約11ヶ月後の平成27年1月に水質を再検査したところ、男女浴槽及びシャワー環境からもレジオネラ菌が一切検出されなかった。

しかも泉質がいいとの評判となり効果を感じているとのお声をいただいている。